忘れる前に覚書。優しい文章を目指します。
ザ・覚書 ザ・覚書
出来るだけ子供にも、わかりやすいように書いて行きたいと思います。

PCバージョンでサイトを表示しています。
【ザ・覚書 3クリックアンケート実施中】
暑さの一番の原因はなんだと思いますか?
あなたの支持する政党はどの党ですか?
ザ・覚書のトップページに戻る今のページの関連ページのリストへ

天気予報の方法・仕方 どうやって予測しているのか?

☆天気予報の方法・仕方 どうやって予測しているのか?

毎日、新聞やテレビで、天気予報が発表されるわけですが、
「どうやって天気を予報しているの?」とか聞かれたら、
「えーと。衛星からのレーダーとかを見て、それを元に最終的には詳しい人が
予報を出してる」とかしか、言えなかったので、より詳しい事を調べた覚書です。





・昔は?


衛星など無かった昔は、天気の変化を気にしないといけない人達などが
空の様子を見て、記録、記録、記録、
それを集めて行って、パターンを作り、
「今日、こんな感じなら、明日は雨かも(晴れかも)」
という風に経験則で予報していたそうです。

大昔の日本の邪馬台国の「卑弥呼」さんは、天気予報が出来たのではないか?
それもあって、そこまで人々に崇められたのではないかと言われています。
片頭痛持ちだったのかも知れませんが。

日本では、1884年に初めて発表され、
日本全国で統一の天気予報だったようです。

日本では、偏西風の影響で、基本的には、西の地域から天気は変わっていく。

・まず観測する


現代では、
宇宙からの気象衛星(気象衛星ひまわり とか)からの写真や、
気象レーダー(アンテナから電磁波出して、反射して来る電磁波を分析する)や、
気象台や数百か所の測候所などが、がんばって測定して、
気圧・風向き・風速・気温や湿度などの
大気の状態を観測します。

データがないと予報はできないので、これが正確なのが重要です。

有名な「アメダス」というのは、
気象庁管轄の日本の1300か所程の無人観測施設のシステムの事です。
気象庁と専用回線で結んでいるそうです。

そういう情報を送る機械が、気象情報伝送処理システムの「アデス」というそうです。


気圧を測る気圧計は、地上と海に浮かんでいるそうです。
上空の気圧は、気球を飛ばして気圧計で測ったりもするそうです。

・それをコンピュータで分析予測する


その観測結果(気圧配置など)を大気の状態を計算する為の、
スーパーコンピュータに、
昔からのデータを詰め込んだ方程式を使わせ計算させます。
こういうのを「数値予報」とか言うそうです。

コンピュータは、
2001年の時点で、1秒間で、7700億回の計算が出来たそうです。
2012年の時点(9代目)では、1秒間に847兆回の計算が出来るようになったそうです。

コンピュータは、過去の気圧配置などから、
予想の今後の天気図を作ったりします。


コンピュータは、向上するたびに、精度が上がって行っているようです。


・その結果を詳しい人が分析発表する


結果などを、更に気象庁の予報官が分析し、
テレビで気象予報士、新聞などが発表する。

コンピュータだけの予想の的中率は70%くらいだそうです。

最終的には、詳しい「人」が予報を決定する事になります。

・明日の天気予報の的中率


コンピュータが計算した後、人が介入した後でも
的中率は、

1950年時点では70%程。
1970年代後半に、80%越え。
2006年で、的中率約86%くらい。
90%越えは、いまだ果たしてはいないようです。
ここからが難しいのだと思います。

1989年に作られた映画のバックトゥザフューチャー2では、
フィクションではありますが、
物語上の未来である2015年の天気を、完璧に予報していたので、
当時は、「2015年には天気予報もここまでなるかも!」とか
期待しましたが、
そこまでの進歩は出来ませんでした。


ですので、現在、天気予報はだいたい15%程外れるという事になります。






記載:2015年08月頃

Twitter Facebook Google+ はてな Pocket LINE




一言掲示板です。なにかありましたら以下に書いて書き込みボタンを押して下さい。
管理人による書き込みの確認後、荒らし書き込みでない場合に表示させていただきます。
悪意ある書き込みや挑発的な書き込みと思われる内容は、表示させません。
その為、ちょっと書き込みから表示までに時間がかかってしまいます。ご了承下さい。

お名前

コメント




【ザ・覚書 3クリックアンケート実施中】
暑さの一番の原因はなんだと思いますか?
あなたの支持する政党はどの党ですか?

今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る
全ページのリストへ