忘れる前に覚書。優しい文章を目指します。
ザ・覚書 ザ・覚書
出来るだけ子供にも、わかりやすいように書いて行きたいと思います。

PCバージョンでサイトを表示しています。
【ザ・覚書 3クリックアンケート実施中】
暑さの一番の原因はなんだと思いますか?
あなたの支持する政党はどの党ですか?

屋内の防空壕の多くは安全とは言えなかったらしい

☆屋内の防空壕の多くは安全とは言えなかったらしい
今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る

新聞を見て知ったのですが、戦時中に家の中に作った防空壕は、とても安全とは言えなかったそうです。

学校で習った時は、「戦時中、空襲があったら、防空壕に隠れた」、
という事だけを習ったので、防空壕というのは、外にいるよりまだ安全だったというように思っていたのですが、
そういうわけだけではないようです。

また、防空壕は、洞窟みたいな所というようなイメージでしたが、
民家では、床下などを掘って作られたものが多かったそうです。


防空壕というのは、1939年に、建築雑誌に登場したそうです。
爆弾や焼夷弾に耐えられるもので、コンクリートやセメントで造る事を想定していたそうです。

焼夷弾というのは、対象の破壊というより、対象を焼き払う(火事にする)事に重きを置いた爆弾です。


実際には、コンクリートで造られたのは、一部で、多くは廃材などを利用して作ったそうです。

戦争では、空中から戦闘機で爆弾を落とされたりもしますが、
その空襲の危険から逃れる為、学校の校庭や空き地、民家の宅内等にいっぱい作られたそうです。
私の家の前にある土地にも、当時は作られていたそうです。

空襲などが始まると、その防空壕に逃げ込んだそうです。

ある程度、大きい頑丈な防空壕は、
屋外にいるより、爆風や爆弾破片の危険にある程度効果があったそうです。

1940年に、防空壕は、こういう物という事を書いた
「防空壕構築指導要領」が、資材不足の影響で、1942年に変更され、
防空壕と言わず、正確には「待避所」というとしたそうです。






・屋内の防空壕(待避所)


ある程度、大きい頑丈な防空壕は、ある程度、効果があったかと思いますが、
民家の宅内に作られたものは、そうとは言えない事も多かったようです。

その防空壕(待避所)にいたら爆弾や焼夷弾から身を守れるというわけではなく、
強度もそんなにないものも多い為、
一時的に身を隠す場所でしかなく、
とても貧弱で安全と言えるものではなかったようです。

焼夷弾が降って来た時、その防空壕(待避所)に避難する方が、かえって危険だった場合もあったそうです。

その防空壕(待避所)にいた場合、
家屋が炎上して、煙に巻かれたり、その中で窒息したり、
押しつぶされたり、蒸し焼きになって、亡くなってしまった人が多かったようです。

だからと言って、空襲中にすぐ逃げ出したりしても、もちろん危険だったはずですが、
防空壕(待避所)に避難してしまう事で、逃げ遅れる人も多かったのではと、言われています。


また、戦争当時の日本は、空襲に対して逃げる事を勧めたら、逮捕される可能性もあったのも関連があったのかも知れません。
当時、「防空法」というのがあって、
その法律には、都市からの退去禁止、空襲時の消火義務などがあったそうです。



戦争や空襲が二度となければ良いですね。
他の国では、戦争や争いをしている国がありますが、
ちゃんと違いも尊重して、話し合いが出来る人間が増えたら良いですね。





記載:2014年03月頃

Twitter Facebook Google+ はてな Pocket LINE




一言掲示板です。なにかありましたら以下に書いて書き込みボタンを押して下さい。
管理人による書き込みの確認後、荒らし書き込みでない場合に表示させていただきます。
悪意ある書き込みや挑発的な書き込みと思われる内容は、表示させません。
その為、ちょっと書き込みから表示までに時間がかかってしまいます。ご了承下さい。

お名前

コメント




江戸時代
江戸時代の貨幣価値は、現代ならいくらぐらい?
江戸時代 徳川将軍一覧とその特徴
寺社奉行(じしゃぶぎょう)とは?
歴史概要
地球の歴史簡略版
日本人は、どこから日本大陸に来たのか?
明治時代の流れ できるだけ簡潔に
大正時代の流れ できるだけ簡潔に
ことわざと歴史
早起きは三文の得。3文ってどれくらい?
戦争
屋内の防空壕の多くは安全とは言えなかったらしい
日清戦争とはどういったものだったのか? 侵略だったのか、防衛だったのか?
南京事件。日本と中国の言い分の違い
【ザ・覚書 3クリックアンケート実施中】
暑さの一番の原因はなんだと思いますか?
あなたの支持する政党はどの党ですか?

今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る
全ページのリストへ