忘れる前に覚書。優しい文章を目指します。
ザ・覚書 ザ・覚書
出来るだけ子供にも、わかりやすいように書いて行きたいと思います。

PCバージョンでサイトを表示しています。
【ザ・覚書 3クリックアンケート実施中】
暑さの一番の原因はなんだと思いますか?
あなたの支持する政党はどの党ですか?

卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)とは?

☆卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)とは?
今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る

家族の事で、卵巣腫瘍について調べる事がありましたので、覚書しておきます。
正しいとは限らないので信用しないで下さい。





・卵巣とは


らんそう。
動物のメスの卵子を作り出す臓器。
卵細胞を作って放出(排卵)する。
通常、子宮の両側に卵巣は2個ある。
親指(小指? クルミ?)くらいの大きさで、アーモンドのような形をしているらしいです。
雌性ホルモン(しせいほるもん)を分泌する役割もあるらしい。
雌性ホルモンは、女性ホルモンともいうらしい。
卵巣がひとつ残れば、妊娠は可能らしい。

オスの場合の精巣に当たる。

・腫瘍とは


しゅよう。
体の組織や細胞が通常とは異なり、過剰に増殖することによってできる組織の塊(かたまり)。

良性腫瘍と悪性腫瘍がある。
良性腫瘍は、増殖が少なく、今の所、悪い影響を起こさない腫瘍。
悪性腫瘍は、増殖が多く、他の組織にも潜入したりもして、悪い影響を起こしてしまう腫瘍。

・卵巣腫瘍とは


らんそうしゅよう。
卵巣に出来る腫瘍。
分泌物が溜まった袋状のタイプと、硬いコブのタイプがある。

卵巣には腫瘍ができやすいそうです。
初期の頃は、自覚症状が少なくてわからないそうですが、
大きくなって来ると、外から触ってわかったり、腹痛や頻尿で気づく事もあるらしいです。

更に大きくなると(卵巣腫瘍が大きくなる・重くなる)、
茎捻転(けいねんてん)という
卵巣腫瘍の重みによって、卵巣と子宮との間にある2本の靭帯がねじれで、
激痛があったり、卵巣が壊死の危険があるらしいです。

卵巣腫瘍の90%は、良性らしいです。

・卵巣腫瘍がなぜできるのか?


あんまり原因がわかっていないそうです。

・卵巣内で腫瘍が出来やすい所


・内部の表面を覆う上皮
・卵子の元になる胚細胞(生殖細胞)

・卵巣腫瘍の種類


卵巣腫瘍にも種類が色々あり、

・卵巣嚢腫(らんそう のうしゅ)


 液体や脂肪や血液が溜まってしまう、分泌物が溜まった袋状タイプ。
 卵巣腫瘍の80%。
 その多くは、良性らしいです。

・充実性腫瘍(じゅうじつせい のうしゅ)


 固い塊タイプの腫瘍。
 良性と悪性があって、多くは悪性で、
 悪性の場合、卵巣がんの可能性があるそうです。
 卵巣腫瘍の10%くらい。
 10代~30代に多いらしい。

・卵巣腫瘍の発見


自覚症状が少ないので、その場合、定期検診などで見つかる事が多いそうです。

・卵巣腫瘍の検査


 CTやMRIやエコー検査(超音波検査)などを使って、卵巣腫瘍が良性か悪性か判断するそうです。
 茎捻転(けいねんてん)の恐れから、大きさが特に問題。

・卵巣腫瘍の治療


・卵巣嚢腫(らんそう のうしゅ)


 大きさが特に問題で、
 2~3cmなら、経過観察。
 4~5cmなら、茎捻転の恐れ。
 7cm以上なら、激痛がある事もあり摘出による治療をする事がある。(妊娠に関わる)
 卵巣腫瘍だけを取る場合や、片方の卵巣をとる場合などがある。

 昔は、開腹手術(おなかを切って)卵巣を手術。
 今(1990年頃から)は、腹腔鏡下手術(ふくくうきょう か しゅじゅつ)
 で、おなかの3~4か所を、0.6~ 2cm程度(5-12mm程?)で小さく切って、
 内視鏡(小型カメラ・電子スコープ)を入れて、
 専用の電気メスで卵巣腫瘍だけを切ったり、卵巣を手術するらしいです。
 腹腔鏡下手術は、昔に比べて、体の負担も少なく、傷が目立たなく、
 入院は、3~5日くらいですむ事もあるらしいです。
 軽い仕事なら術後2週間、運動は術後4週間で可能となる場合もあるらしいです。

・充実性腫瘍(じゅうじつせい のうしゅ)


 悪性の場合は、卵巣がん治療など。
 良性の場合は、卵巣のう腫と同じような治療など。






記載:2014年05月頃

Twitter Facebook Google+ はてな Pocket LINE




一言掲示板です。なにかありましたら以下に書いて書き込みボタンを押して下さい。
管理人による書き込みの確認後、荒らし書き込みでない場合に表示させていただきます。
悪意ある書き込みや挑発的な書き込みと思われる内容は、表示させません。
その為、ちょっと書き込みから表示までに時間がかかってしまいます。ご了承下さい。

お名前

コメント




料理とか
減塩塩を作ろう(正確には、減量塩?)
卵は一日何個までがいいのか?
食事は、1日3食が良いのか、2食が良いのか?
疲れ解消
40秒の簡単肩こり解消方
肩こり緩和作戦 1台のパソコンでマウスを2つ使う
心臓の位置は、「左」でなく「真ん中でちょっと左より」
中性脂肪とは(中性脂肪を減らすには)
1日に飲むべき水の量はどれくらい?[飲みすぎ注意]
目薬の後、目パチパチは駄目らしい
唇ヘルペス(熱のはな)ってなに?
一度できた深いシワはもう治らないらしい
蟹を食べて、じんましん。なぜ。
シミは、なぜできるのか?
シミは、過脂化で濃くなるらしい
肌のシミ。老化によるターンオーバー機能の劣化というのも原因の1つ?
ストレートネックを治したい。肩こりの理由。
肥満度がわかるBMI
尿はどれくらい溜められるものか?(熟睡できない)
ゲップが多い理由
骨がポキッと鳴る理由
三段腹には、腹筋運動の効果は少ないらしい
下っ腹が出てる原因は腸下垂かも? 治すのには腹筋運動では駄目らしい
夏に適度な汗をかいていないと、冬に体臭がきつくなるらしい
半身浴は、腕や手をお湯につけない方が良いらしい
前屈ができない
おへその位置がずれる原因は?
アルコールを飲めば頭が痛くなる理由
パソコンや携帯電話を明かりをつけずに暗闇で操作するのは目に悪いのか?
接骨院と整体などの違い
なぜ人の髪は、白髪になるのか?
加齢による薄毛の原因はなんなのか?
加齢とともに、顔の皮脂が減るらしい
胸焼けは、水をゴクゴク飲むと結構ましになるかも
「うおのめ」を病院に行かずに取る、その流れ
膝痛の原因と対策を考える。軟骨は再生しないのだろうか?
「ホルモン」とは何なのか?
男性ホルモンと女性ホルモンの違い
筋肉を鍛えるとはどういう事か? 筋肉とは?
歳をとると、筋肉痛は後日に遅れてくるのか? なぜその間は痛くはないのか?
半身浴の温度と時間
痰(たん)はどこでどうして出来るのか?
認知症の原因と対策がわかって来たらしい
体臭が鉄くさい原因は?
水虫とは、なんなのか? 死滅させられないか?
低気圧が引き起こす病気や症状
なぜ、座り過ぎが寿命を縮めると言われるのか?
体や体の中は、何性(酸性・中性・アルカリ性)なのか?
睡眠
枕 朝起きたら枕なしで目が覚める人 真ん中がクボンだ枕が効果ありかも
肩こりや頭痛には、いっそ枕をやめた方が良いかも知れない(枕なし睡眠)
睡眠時無呼吸症候群とはなんなのか?
いびきを治す(減らす)方法
寝起きの口の中はとても汚いらしい
歯・口など
歯の磨き方
歯周病とは
虫歯は削らずに治療できるらしい
人はなぜ虫歯になるのか? 犬や猫は虫歯にならないのか?
口の中は、何性(酸性・中性・アルカリ性)が普通なのか?
腰・背中
痛くない座り方を探る(椅子以外編)
円座クッションの真ん中の穴(へこみ)の意味
血圧
なぜ高血圧の人は、塩分を取り過ぎてはいけないのか
血管系
目の下の青いクマはなぜできるのか?と、なぜ血管は青いのか?
脳卒中予防に、コーヒーと緑茶が良いらしい
動脈硬化とは(動脈硬化を改善するには)
リンパとは? リンパの流れの改善方法
「さい帯血」とは、何なのか?
風邪とか
インフルエンザとは(ちょっとだけ詳しく)
ノロウイルスとはなにか?
ロタウィルスとはなにか?
「インフル花粉症」とは、なんなのか?
ウィルスに「柿渋(かきしぶ)」が効くらしい
手足口病とはなんだろう?
魚の寄生虫「アニサキス」。どこまで恐れるか?
熱中症とか
なぜ熱中症対策で塩分をとるのか?
成分とか
酵素とはなにか? 摂取は有効か?
亜鉛の効果ってなんだろう?
ヘム鉄の効果ってなんだろう?
必須栄養素と必要量の目安とサプリメント
ラクトフェリンのサプリメントは、腸内で溶けないと効果が薄い? 内臓脂肪対策
本わさびの成分で育毛?
検査とか
MRIってこんな感じ
LDLコレステロールとは?(健康診断関連)
尿素窒素とは?(健康診断関連)
病気とか
卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)とは?
胃下垂(いかすい)とは?
外反母趾(がいはんぼし)とは?
突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)とは?
平衡感覚と耳の関係について
尿管結石(にょうかんけっせき)とは?
「ピロリ菌」とは、何なのか?
運動とか
起きた後の激しい運動は危険らしい
がん
がんの早期発見が簡単に安価で出来るようになるかもしれないらしい(線虫)
副作用のない(とても少ない)抗がん剤が開発されているらしい
光で1分? がん細胞を破裂させる がんの「光免疫療法」とは?
その他
「食間」というのがよくわからない
本当にティーツリーオイルで粉瘤(アテローム)は治せるのか?
【ザ・覚書 3クリックアンケート実施中】
暑さの一番の原因はなんだと思いますか?
あなたの支持する政党はどの党ですか?

今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る
全ページのリストへ