忘れる前に覚書。優しい文章を目指します。
ザ・覚書 ザ・覚書
出来るだけ子供にも、わかりやすいように書いて行きたいと思います。

PCバージョンでサイトを表示しています。

【ザ・覚書 3クリックアンケート実施中】
暑さの一番の原因はなんだと思いますか?
あなたの支持する政党はどの党ですか?
ページを見て下さって、 ありがとうございます。この内容に関する情報があれば下の掲示板にでも書き込み下さい。

パソコンや携帯電話を明かりをつけずに暗闇で操作するのは目に悪いのか?


  スポンサーリンク

☆パソコンや携帯電話を明かりをつけずに暗闇で操作するのは目に悪いのか?
今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る

デスクトップパソコンもノートパソコンも夜は、
資料が不要な作業なら、明かりをつけずに暗闇で操作するんですが、
目には悪いのかなと? と思って調べた覚書です。

・暗闇では目には悪いのか?


モニター画面が、極端に、又は、周囲より結構明るく感じるのは、
目には悪い・疲れるという事のようです。

モニター画面の明るさと、周囲の明るさがある程度近い方が
目が疲れにくいようです。
あまりモニター画面だけが明るいと、モニターだけに目が集中したりする事も
原因だそうです。

多分、モニターだけが明るいと、視野が狭くなるんじゃないかと思います。
そこでモニターだけに集中してしまう事になるんでしょう。
真ん中だけを見るので、目が寄ってしまって筋肉とかも疲れるかと思います。

ある程度、同じような明るさにすると、視野が広くなり楽になるんじゃないでしょうか。

最近のテレビ(結構前からですが)には、周囲の明るさを感知して、自動的にモニターの明るさを
調整してくれるものがありますが、これは、周囲が暗いと画面を暗くして、周囲が明るいと画面を
明るくしてくれるので、暗い所では、モニターを暗くした方が良いという理屈で作られているんだ
ろうと思います。

周りが暗い所では、モニターも暗くしようというのが、良いような感じです。

・感想


私は、モニター画面をかなり暗くして、更にPC用メガネ(ブルーライトを軽減するらしい)も
つけて作業していますが、モニターが普通に明るい時と比べて、かなり目が楽にはなります。

これが正しいとは限りませんが、私には合っています。

ですが、暗い画面が多い動画などを見た場合、とても見えずらいので、
この場合は、目はがんばって色々認識しようとするので、とても目が疲れる感じがします。
私は、モニターのアプリで、画面調整をしたものを保存していまして、
用途によって切り替えをして目のツラさを軽減しています。

ブラインドタッチがうまく出来ず、キーボードが見えない場合は、
目ではなくキーボードだけを照らすように、卓上のLEDライトを点けたりします。

最近、暗い所で本を読んでも目が悪くならないとも言われますが、
本は光っていないとしても、周りが暗い為、上の暗い動画の時と同じく、
字などを認識するのに目ががんばってしまうので、悪くならないとしても疲れるとは思います。

携帯電話は、そう簡単に明かり調整が出来ないでしょうから、
暗闇ですると多分、すごく目が疲れると思います。


記述:2013年10月頃

(一言掲示板は、下の方にあります。)

Twitter Facebook Google+ はてな Pocket LINE


  スポンサーリンク


Amazonで『モニター 明かりをつけずに』を検索
今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る
全ページのリストへ

商品更新日時:
2017/03/24 02:06:35

一言掲示板です。なにかありましたら以下に書いて書き込みボタンを押して下さい。
管理人による書き込みの確認後、荒らし書き込みでない場合に表示させていただきます。
悪意ある書き込みや挑発的な書き込みと思われる内容は、表示させません。
その為、ちょっと書き込みから表示までに時間がかかってしまいます。ご了承下さい。

(新機能)URLの書き込みも可能にしましたが、内容と関係のないリンクの表示はしないと思います。
また自サイトへのリンクURL書き込みの場合、相互リンクもお願い致します。
お名前

コメント






本日、よく見られるページ
木材の引き戸の滑りを良くする方法
労働者が、会社を訴える時の手続き方法
家庭用の普通のコンセントは、何Wまで使えるのか?
テロとの戦い「有志連合」の参加国
コピペ用 都道府県一覧
春の旬野菜といえばなに?
衆議院・参議院 議員数の党別割合
国会の日程が分からない
秀丸正規表現 ある文字以下を削除する
パソコンや携帯電話を明かりをつけずに暗闇で操作するのは目に悪いのか?
  スポンサーリンク

今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る
全ページのリストへ