忘れる前に覚書。優しい文章を目指します。
ザ・覚書 ザ・覚書
出来るだけ子供にも、わかりやすいように書いて行きたいと思います。

PCバージョンでサイトを表示しています。

【ザ・覚書 3クリックアンケート実施中】
暑さの一番の原因はなんだと思いますか?
あなたの支持する政党はどの党ですか?
ページを見て下さって、 ありがとうございます。この内容に関する情報があれば下の掲示板にでも書き込み下さい。

特定秘密保護法とはなんだろう?


  スポンサーリンク

☆特定秘密保護法とはなんだろう?
今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る

特定秘密情報保護法の事は、よく聞くのですが、
国の秘密が国家公務員から外に漏れるのを防ぐ、秘密をばらすと罰則がある、政府の都合で悪用される可能性がある、
民間人も罰則を受ける可能性がある、昔の治安維持法復活の恐れている人がいる、
ぐらいしか知りませんので、もう少し調べた覚書です。
随時知った事など追加で書いておけば知識も増えそうですので。

調べる前に書いておきますが、
国レベルの秘密はもちろん機密情報を持ち出す人がいるでしょうから罰則の強化が必要でしょう。

悪者「国家機密を海外に売る」→捕まえる→政府「秘密だし悪いことだから」。
なら良いんですが、

政府「あ、こいつ政府の敵っぽいから捕まえたいな」→捕まえる→「なんで?」→政府「秘密」。
とか
どう考えても政府が悪いことを隠ぺいしているから新聞に暴露→政府「それは困る」→捕まえる→「なんで?」→政府「秘密」。
とかいうのでは駄目かと思います。

秘密という以上、どんな秘密がそれに該当するのかもわかりません。
こういうので、裁判もちゃんと出来るのかも心配です。

で、もう少し調べた覚書です。

・特定秘密情報保護法って?


特定秘密の取り扱い業務に従事する者が、その業務で得た秘密を漏らす行為を取り締まる事。

正式名は、「特定秘密の保護に関する法律」。
通称が、特定秘密保護法、秘密保護法、秘密法というそうです。

特定秘密とは、日本の安全保障に関連の情報の中で、「特に秘匿することが必要であるもの」。

特定秘密の有効期間は、5年。だが更新可能。最長60年。

特定秘密の取扱者には、適正評価(テロ活動との関連や犯罪経歴を評価)を実施。
漏洩した場合、罰則。

特定秘密が記録された公文書の破棄は、

問題点を多くの人が心配していたが、
2013年10月25日に、安倍内閣が、閣議決定。
2013年12月6日に、国会成立。自民党、公明党の賛成多数で。
2013年12月13日に、公布(成立した法律を、国民が知ることの出来る状態に置く事)。
公布から1年以内に施行(法律の効力が始まる事)予定。

・特定秘密の指定対象となるかも知れない情報


・防衛
・外交
・スパイなどの防止
・テロ活動防止関連
など

何が秘密かは、秘密。

・特定秘密を決める人


行政機関の長(ちょう)。
防衛大臣とか、外務大臣とか、警察庁長官とか。

・特定秘密をばらした人への罰則の対象など


漏らした国家公務員。
不正入手した民間人。

懲役10年以下。
もらすよう働きかけた民間人は、懲役5年以下。

・特定秘密によって制限されるかも知れない事


・知る権利(公衆がその必要とする情報を、妨げられる事なく自由に入手できる権利)
 政府の情報等を公開する事を要求する権利などです。

 憲法には、「知る権利」という言葉はありませんが、
 日本国憲法第21条1項に、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」
 とあり、これに入ると言われています。

・取材の自由・報道の自由
 わかりやすく言うと、新聞やテレビに書ける自由の事です。

 日本国憲法第21条1項に、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」
 とあり、これに入ります。

・メリット、人によってはプラスと言われている事


・防衛の強化。
・安全が深まる
・スパイなどの防止。
・報道の自由の制限。(特に政権側)

・デメリット、人によってはマイナスと言われている事、問題点・懸念される事


・報道の自由の制限。
 取材できないとか。取材を委縮する(つっこめない)とか。

・知る権利の制限。
 報道の自由の制限によって、国民への情報が(ニュース等で言わなくなるから)減るなど。
 結果、悪い国策に反対する国民の数を抑えてしまう事になりかねない。

・政府(行政機関の長)が、自分にとって都合の悪い情報を、勝手に秘密にしてしまうかも知れない。
↑ 多くの人が一番心配している事だと思います。

 例えば、特定秘密の指定対象にテロ対策がありますが、
 これを口実に、本来秘密にしてはいけないことまで特定秘密にしてしまう事も可能かも知れません。

 原発を推進する政府が、テロ対策の秘密を理由に、原発の危険(危ない構造など)を知らせないなど。

 ここでいうテロとは何かいうと、特定秘密保護法12条に書いていますが、
 テロリズムとは、
 「政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は・・・(殺傷、破壊と続きます)」。
 とあります。

 普通、テロというと、爆弾テロとか思いますが、そういうわけだけではないようです。
 国家に強要というのを例に上げると、上の文章を見れば、
 デモなんかはテロリズムと判断されてしまう可能性はあるようにみえます。

 反原発やTPP反対なんかも、言い方によっては対象にされかねないという事になります。
 強要しなければ良いのですから、ただ希望をいう「何々反対」は良いんでしょうけど、
 「何々しろー」「何々やめろー」は、強要と取る人もいるでしょうから対象になるかも知れません。

 2013年11月、与党の自民党の石破さんは、
 「単なる絶叫戦術はテロ行為と、その本質においてあまり変わらないように思われます」と
 ブログに書いたそうですが、確かに絶叫はうるさいですが、必死になると声が大きくなる人もいるでしょう。
 条文に書いてある通りテロととったんですね。
 石破さんはテロと言った事は、後日訂正されましたが。
 テレビの映像を見ていると、ふざけて大声でデモしているような人も中には見えるので、苛立っておられたんでしょうけど。

 国会成立前でタイミングも悪く、
 特定秘密法案を作った政権側の人がこう書いてしまったので、
 多くの人が心配している事でもあり、色々問題になったようです。

 やはり政権批判防止が、特定秘密法案の目的の本音の1つなんでしょうかね? 


 特定秘密を、そんな事には使わないという人もいるでしょうけど、
 こう解釈できる文章にしている事は事実ですし、
 条文を作っている人は、頭が良いでしょうから、
 変な解釈をされないように直せばよいものを、そう解釈されるように直さない事は、
 何か考えているんでしょうから、色々問題がありそうにみえます。

 そんな事には使えないという事も書いた条文でないと駄目だと思います。

 2013年12月1日で、秘密保護法案担当の森大臣が、石破さんのテロ発言の釈明に、
 「市民のデモ活動は特定秘密法のテロリズムに該当するものではない」と、言っていますが、
 これは現在の政権の判断で、こういうのは政権が変わると変わるかも知れませんので、
 言葉通りなら、ハッキリ条文に書けば良いのに。

・経緯メモ


・2013年11月26日
 特定秘密法案が、衆議院を通過。
 自民党、公明党、みんなの党が賛成。
 自民党1人造反。みんなの党3人造反。

 全国20か所以上で、反対集会。

・2013年11月28日
 参議院・安全保障委員会はじまる。
 大荒れ。

 特定秘密の指定、チェックの案は、
 自民党:総理大臣が第三者的にチェック
 日本維新の会:総理大臣から独立した機関

 政権を持つ総理大臣がチェックしても駄目と思いますが・・・。

・2013年11月29日
 自民党 石破幹事長
 「単なる絶叫戦術はテロ行為と、その本質においてあまり変わらないように思われます」。
 とブログで書いてしまう。

・2013年12月02日
 参議院国家安全保障委員会で、石破さんのテロ発言の釈明、
 秘密保護法案担当の森大臣
 「市民のデモ活動は本法案のテロリズムに該当するものではございません」

 石破幹事長:デモをテロに例えた事を撤回。だが、国会周辺のデモは改めて批判。

 午後1時会見。1回目。
 質問:大音量のデモはテロですか?
 石破幹事長:「強要されればそうでしょう」

 ところが、4時間後会見。2回目。
 石破幹事長:「言葉足らずざるところがあった、殺傷する行為がなければ、これはテロということには当たらない」

 多くの人が心配している条文を読んでいないのかな?
 条文に書いている事は、1回目なんですけどね。
 1回目が本音だったんでしょうけど。

・2013年12月03日
 参議院国家安全保障委員会。
 大荒れ。
 夕方、与党(自民党・公明党)が、今後の日程を強引に決定。
 4日午前、総理出席審議。
 4日午後、埼玉で公聴会開催。

 民主党「前日の夕方6時に公聴会を決めてどうやって公述人を集めるか?」

・2013年12月04日
 埼玉、公聴会中止を求める人達と、警察がもみ合い。
 公聴会は、共産党を除く野党は欠席。

・2013年12月05日
 参議院国家安全保障委員会で、
 与党(自民党・公明党)が、
 野党の質疑を途中で打ち切り、強行可決。
 大荒れ。

 これまでの参議院の審議時間は、合計22時間だけ。
 ちなみに衆議院は、合計43時間だけ。

 民主主義というのは、少ない意見もちゃんと聞く事が重要ですので、
 これはひどいです。

・2013年12月06日
 特定秘密法案が、参議院を通過。
 与党(自民党・公明党)の賛成多数で。
 みんなの党と日本維新の会も、強引な国会運営を理由に退席。



記録の為にも、また随時追記します。


記載:2014年03月頃

(一言掲示板は、下の方にあります。)

Twitter Facebook Google+ はてな Pocket LINE


  スポンサーリンク



Amazonで『特定秘密保護法』を検索
今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る
全ページのリストへ

逐条解説特定秘密保護法

これでわかった! 超訳 特定秘密保護法

秘密保護法 何が問題か――検証と批判

秘密保護法――社会はどう変わるのか (集英社新書)

IWJ(インディペンデント・ウェブ・ジャーナル)対談集 山本太郎 × 岩上安身 特定秘密会談(原発×戦争)×秘密=?!--秘密保護法のもと原発を抱えたまま戦争する国へ--

国防保安法の歴史的考察と特定秘密保護法の現代的意味
amazonで検索
商品更新日時:
2017/03/29 20:13:31

俺流総本家 魂心Tシャツ【特定秘密保護法】言葉の伝道師、俺流家元が送る究極の和柄、名言や漢字・文字のメッセージTシャツ【サイズはS・M・L・XL・XXL】おもしろ雑貨/お笑いTシャツ/ジョークTシャツ/筆文字/面白コスプレ/ふざけ/役職系

ドキュメント・特定秘密保護法【電子書籍】[ 毎日新聞社 ]

「特定秘密保護法」をどう考えるべきか 藤木英雄・元東大法学部教授の緊急スピリチュアルメッセージ【電子書籍】[ 大川隆法 ]

小説・特定秘密保護法 追われる男【電子書籍】[ 北沢栄 ]

◆◆特定秘密保護法とその先にあるもの 憲法秩序と市民社会の危機 / 村井敏邦/編 田島泰彦/編 / 日本評論社

◆◆特定秘密保護法とその先にあるもの 憲法秩序と市民社会の危機 / 村井敏邦/編 田島泰彦/編 / 日本評論社
楽天ウェブサービスセンター
商品更新日時:
2017/03/29 20:13:31

一言掲示板です。なにかありましたら以下に書いて書き込みボタンを押して下さい。
管理人による書き込みの確認後、荒らし書き込みでない場合に表示させていただきます。
悪意ある書き込みや挑発的な書き込みと思われる内容は、表示させません。
その為、ちょっと書き込みから表示までに時間がかかってしまいます。ご了承下さい。

(新機能)URLの書き込みも可能にしましたが、内容と関係のないリンクの表示はしないと思います。
また自サイトへのリンクURL書き込みの場合、相互リンクもお願い致します。
お名前

コメント






本日、よく見られるページ
コピペ用 都道府県一覧
家庭用の普通のコンセントは、何Wまで使えるのか?
「~をば」ってどういう意味?
労働者が、会社を訴える時の手続き方法
木材の引き戸の滑りを良くする方法
「忖度(そんたく)」とはどういう意味か?
ガンダム世界の世界地図とコロニーとかの位置
春の旬野菜といえばなに?
コンピューターの開始時にページングファイル構成に問題が発生 対処法の1つ
水道の止水栓(元栓)が硬くて回らない時
  スポンサーリンク

今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る
全ページのリストへ