忘れる前に覚書。優しい文章を目指します。
ザ・覚書 ザ・覚書
出来るだけ子供にも、わかりやすいように書いて行きたいと思います。

PCバージョンでサイトを表示しています。

【ザ・覚書 3クリックアンケート実施中】
暑さの一番の原因はなんだと思いますか?
あなたの支持する政党はどの党ですか?
ページを見て下さって、 ありがとうございます。この内容に関する情報があれば下の掲示板にでも書き込み下さい。

バイオマス発電とはなにか


  スポンサーリンク

☆バイオマス発電とはなにか
今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る

糞が燃えるという事から、バイオマス発電にちょっとだけ興味を持ったんですが、
もうちょっとバイオマス発電について知りたくなったので、調べた時の覚書です。

・バイオマスとは


生物資源(BIO)と物質の量(MASS)の2つの単語から出来ているようです。

バイオマスは1つの資源の事を言っているのではなく、

太陽エネルギーによって作られる枯渇資源ではない、生物起源の資源。
太陽、水、植物、動物等の自然のサイクルで作りだす事の出来るものの資源。

食物や家畜の排出物等もバイオマスには含まれます。

化石燃料は含めないというのが一般的です。

・バイオマスの分類


・資源バイオマス
 とうもろこし、米、さとうきび、藻 等

・未利用バイオマス
 わら、もみがら 等

・廃棄物バイオマス
 家畜の排泄物、生ゴミ、下水の汚泥、廃機材 等

・どうエネルギーとするか?


色々な種類のバイオマスは、エネルギーにする為に何かに変換しなければいけません。

例えば、下水の汚泥はメタン発酵させメタンガス。
とうもろこしを栽培、発酵させ→アルコール(バイオエタノール)。


・バイオマス発電とは?


バイオマスを利用して、それを燃料として水を熱して、出来た水蒸気で
タービンを回して発電する事です。
(原子力発電も、核燃料を使って水を熱して出来た水蒸気でタービンを回して発電しているので
 原理的には同じです。
 ただ、燃料が核燃料とバイオマスでは違うという事になります)

例:
とうもろこしを栽培→発酵→アルコール(バイオマス)→水を熱する→水蒸気→タービン回転→発電。


・二酸化炭素は増えないのか?


生ゴミ等、ただ燃やすだけでは二酸化炭素は増えて、植物が吸収のサイクルになりますが、
これに発電をはさんでいるようです。

バイオマス発電は、基本的に燃やしても二酸化炭素が増えない発電をいいます。

普通燃やすと二酸化炭素が増えますが、

例:
植物燃やす→二酸化炭素排出→他の植物が光合成→二酸化炭素吸収→(繰り返す)

プラマイ0という考え方です。

こういう考え方の事を「カーボンニュートラル」というようです。

カーボンニュートラル:カーボン(炭素)、ニュートラル(中立)

ですが、こういううまいサイクルになるとは限らなく、
二酸化炭素が多くなる場合もあります。

発電によって増えるとか増えないとかではなく(発電しなくても二酸化炭素は同じサイクルでしょうから)、
自然のサイクルと処分に、発電も混ぜてみようという考え方なんだと思います。


ただ、この発電方法は、化石燃料を使うよりも二酸化炭素排出量は少ないようです。


・バイオマス発電のメリット


上の事から自然のサイクルのエネルギーを使う事から地球に優しいともいえます。
化石燃料を使うよりも二酸化炭素排出量が少ない。


・バイオマス発電のデメリット


変換したりする為、コストが高いようです。

・バイオマス発電のコスト


電源別発電コスト試算(2011年12月)では、
2010年時のコスト
木質バイオマス(木質専焼):17.4~32.2円/kWh
木質バイオマス(石炭混焼):9.4~9.7円/kWh


石炭火力:9.5~9.7円/kWh
風力(陸上風力):9.9~17.3円/kWh
太陽光(住宅用太陽光):33.4~38.3円/kWh

純粋なバイオマス発電は、太陽光より安いものの他に比べてちょっと高くなっているようです。

2030年頃には、9.9~20.0円/kWhになっているものの、
バイオマス発電には変化はないようですので、
効率という意味では、ちょっと時間のかかる発電方法なのかも知れません。

・バイオマス発電の中の発電割合


バイオマス発電を100とした場合、2009年時点で
一般廃棄物発電:55%
産業廃棄物発電:40%
木質発電:4%
食品・畜産発電:1%
らしいです。

・発電の中のバイオマス発電割合


2008年時点で、
バイオマス発電は、1%のようです。
ちなみに太陽光発電は0.2%、風力発電は0.3%、地熱発電は0.2%。

再生可能エネルギー全部(水力発電あわせ)でも10%でくらい。
再生可能エネルギーの中では多いほうのようです。

参考:発電方法別の発電量割合
発電方法別の発電量割合

2012年のエネルギー・環境会議では、
2030年再生可能エネルギーを25%から35%に増やす案も出ているようです。

・感想


なにか、調べていると、まだまだような発電方法のようですが、
効率よく地球と仲良くしようという事が考えられていて、好感が持てる発電かも知れませんね。

理想的に普及すると良いですね。



記載:2012年11月頃

(一言掲示板は、下の方にあります。)

Twitter Facebook Google+ はてな Pocket LINE


  スポンサーリンク
ノートンモバイルセキュリティバナー


Amazonで『バイオマス発電』を検索
今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る
全ページのリストへ

熱電併給システムではじめる 木質バイオマスエネルギー発電

環境ビジネス ポストFIT法特別号

バイオマスエネルギー・ビジネス

知っておきたい自然エネルギーの基礎知識 太陽光・風力・水力・地熱からバイオマスまで地球にやさしいエネルギーを徹底解説! (サイエンス・アイ新書)

木質バイオマス発電への期待 (林業改良普及双書 (No.135))

バイオ発電
amazonで検索
商品更新日時:
2017/03/26 08:36:18

【中古】 バイオマス発電の最新技術 / 森塚 秀人 / シーエムシー出版 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

【送料無料】 バイオマス発電の技術動向と事業性評価 地球環境シリーズ / 平田悟史 【本】

【送料無料】 バイオマス発電の技術動向と事業性評価 地球環境シリーズ / 平田悟史 【本】

バイオマス発電の技術動向と事業性評価 [ 平田悟史 ]

再生可能エネルギーが一番わかる 太陽光、風力、地熱、バイオマス発電の実務と実際

送料無料/再生可能エネルギーが一番わかる 太陽光、風力、地熱、バイオマス発電の実務と実際/今泉大輔
楽天ウェブサービスセンター
商品更新日時:
2017/03/26 08:36:18

一言掲示板です。なにかありましたら以下に書いて書き込みボタンを押して下さい。
管理人による書き込みの確認後、荒らし書き込みでない場合に表示させていただきます。
悪意ある書き込みや挑発的な書き込みと思われる内容は、表示させません。
その為、ちょっと書き込みから表示までに時間がかかってしまいます。ご了承下さい。

(新機能)URLの書き込みも可能にしましたが、内容と関係のないリンクの表示はしないと思います。
また自サイトへのリンクURL書き込みの場合、相互リンクもお願い致します。
お名前

コメント


<No.1> 多田響
がんばろう日本
(2012/12/03)





本日、よく見られるページ
「ソ連って今のロシア」は間違い
政治とはなんですか?
家庭用の普通のコンセントは、何Wまで使えるのか?
UFOスペシャルの宇宙人の効果音「チャララ~ チャラチャララー。ボーン」
LED電球と普通の電球と蛍光灯の違い
仮面ライダーの時系列と世界の推測
木材の引き戸の滑りを良くする方法
IEから印刷プレビューや印刷が出来ない場合の対処例
無線(Wi-Fi)の2.4GHzと5GHzの違い
ぶんぶんゴマの回し方・コツみたいな事
  スポンサーリンク

今のページの関連ページのリストへ
ザ・覚書のトップページに戻る
全ページのリストへ